So-net無料ブログ作成

第141回天皇賞の予想 [競馬]

昨日は惜しくもトリガミとなってしまいました(笑)
まぁ人気どおり入ってほぼトントンなら良しとしましょう。
それにしてもペルーサは強かった。
本番で勝ち馬の出ていない青葉賞ですけど、今年は分かりません。
てかヴィクトワールピサの次くらい人気になるんじゃないかな?

さて今日の天皇賞は本命不在の混戦レースなんですよね。
人気はフォゲッタブルですね。4歳馬で長距離の実績もある。
これは人気になって当然ですが、どうもダイヤモンドSからのステップでは近年好走はありません。
やはり王道阪神大賞典、もしくは最近では日経賞の上位が本番でも有力です。
個人的には1番勝ちきれそうなのがフォゲッタブルのような気がしますが、
不安要素はステップなので評価は下げてしまおうかと思います。

本命はマイネルキッツ。
他に馬を探すとなるとやっぱりステップ。
昨年は日経賞2着からで勝ちました。
今年は日経賞勝って本番です。しかも59kg背負ってましたからね。
昨年ははまりレースだったような感じもしたので、勝つとは言い切れませんが本命。
相手はもうひとつのステップ阪神大賞典の勝ち馬トウカイトリック。
もう年ですし、強調材料は少ないんですけどね(笑)
ステイヤーズS→ダイヤモンドS→万葉S→阪神大賞典→天皇賞の3000mローテは
2007年に3着に来たときと一緒です。
同世代のディープインパクトが最終レースでメモリアルになってるのも
唯一の8歳馬で奮起する可能性もありですかね(笑)
3番手はエアシェイディ。京都コースは分からない。3200mも分からない。
中山の中距離意外はまったくもって分かりませんが、
昨年の有馬記念では人気のフォゲッタブル、本命のマイネルキッツより前でゴール。
この大ベテランが何かしでかしてもおかしくないと3番手評価。
4番手にフォゲッタブル。
阪神大賞典2着のジャミールと悩みましたが。
先にも書いたとおり1番勝つイメージがあるのはこの馬ですが、
馬券的妙味と不安要素の観点から評価は下げてみました。
以下はジャミールのほか、阪神大賞典3着からメイショウベルーガ。
日経賞から4枠の2頭、トーセンクラウンとナムラクレセント。
一応ジャガーメイルですかね。大穴では極端なレースが多いフィールドベアーにします。
大阪杯の勝ち馬テイエムアンコールも気になりましたがあえて4着のほうに。

◎16マイネルキッツ
○06トウカイトリック
▲15エアシェイディ
△03フォゲッタブル
×13ジャミール、14メイショウベルーガ、08トーセンクラウン、
 07ナムラクレセント、12ジャガーメイル、05フィールドベアー
買い目は3連複フォーメーション◎→○▲△→○▲△×と馬連フォーメーション◎○▲→◎○▲△×にします。

【BGM】もしもの唄/矢井田瞳
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。